奇跡のショウガ「Sága Ginger」のジンジャー&オニオンソース。佐賀干潟の歴史を翻す焼酎粕発酵肥料の炭素じゅんかん農法発。

 


 漢方の生薬としても使われる生姜は、日本で長いあいだ親しまれてきた食材のひとつ。


 実は、夏でも積極的に摂取しておきたい効能を持っています。


 生姜には、発汗を促すジンゲロールが豊富に含まれて、発汗させ余分な熱を取ってくれることから、夏バテ防止に効果的といわれています。

 また新陳代謝を促す作用もあるため、デトックス効果、むくみ解消にもぴったり。ほかにもジンゲロールには、免疫細胞の活性化や血流促進、殺菌作用などうれしい効果がたくさん。


 夏なら、冷奴やそうめんの薬味に、おろししょうがを合わせても◎!

そのショウガを、入れるだけで十分にとることができるソースが、佐賀県で開発されています。



 こちらは、地元で人気のタレント、で~ぶ やまださんが、ソロキャンプで、創業145年 、井上製麺の 伝統の神埼そうめんとともに試食してくださったときの様子です。


 美味しそうでしょう?


 生姜だけではなく、玉ねぎの栄養もたっぷり入った、贅沢なソースです。



 佐賀県内最古の歴史を持つ蔵、窓乃梅酒造で、どうしても捨てることが多くなる焼酎粕。それを発酵させ、他との炭素と窒素の割合(C/N比)を調整し畑で混ぜて、さらに発酵させます。そうやって、手塩にかけた「土」から育つのが、奇跡のショウガ「Sága Ginger」


 取材が絶えない奇跡のショウガ「Sága Ginger」、佐賀県の名産でもある「タマネギ」とコラボした美味しさの秘訣を伺いました。


 北海道に次ぎ、第二位の生産量を誇る佐賀県は、全国でも有数な「タマネギ」産地。佐賀平野はミネラル分が豊富な重粘土質の土壌のため、栄養価が高く、甘みもほどよい「タマネギ」ができるんです。




 ショウガとタマネギ、2つの野菜の旨味をさらに引き立たせる、佐賀ならではの調味料があります。


発酵90日、熟成90日

 

 一つは、酢造り190年、イギリスのInternational BEVERAGE Awards at Drink Japanでも受賞する『右近酢』

 静置発酵法による醸造酢は、非常に濃くてまろやかな酸味が特徴です。長い醸造期間により原料がゆっくりとけだし、アルコールが酢酸菌により酸化され、自然の対流が始まります。

 発酵期間中は有機酸やクエン酸、アミノ酸等を行い生成したお酢へと造られます。発酵90日、熟成90日は大変な手間暇と時間はかかります。しかし他に造れない、味と美味しさは、時代をこえて絶妙なバランスを醸し出します。その『右近酢』と奇跡のショウガと玉ねぎとコラボさせたいと思われたそうです。






 さらに、うまみ際立つ隠し味の秘密は、佐賀県唐津市、映画「ドルフィンマン」でも知られる加古島の「一の塩」

 対馬暖流海水を取水から仕上げまで外気に触れず、環境汚染に対応し、低温仕上げで細菌を100%カットし、カルシウム・マグネシウム・カリウムを取得した塩です。



 

 このように、佐賀県の素材を生かして、「対比効果」「抑制効果」「相乗効果」「変調効果」で、調味料を加えずに旨味を感じられる、Sága Gingerオニオンソースならではの味が生まれました。


▼事前予約登録はこちら▼


奇跡のショウガ「Sága Ginger」 事前予約登録フォーム


https://resast.jp/subscribe/ZTkzMmY1NGYwZ



県庁定年退職から、エコファーマーとして新たな扉を


 西原さんは、九州大学農学部農芸化学科を卒業して、佐賀県庁に35年間奉職。県庁定年退職後から3年間は炭素じゅんかん農業の6次化に取り組んできました。

 

 昨今は新型コロナウィルス感染症の対策として「身体の免疫の力を高める」必要がある、自己免疫を高めておけば感染しにくい、感染しても重症化しにくいなどと言われています。


免疫を上げるためにはどうしたら良いのでしょう?とたずねたところ、


「体温を上げることにより免疫力UPできるといわれる生姜をしっかりと取り、よく寝ること、中身を考えて食事をすること、深い呼吸をすること、そして身体を温めること。さらには笑うことだと思います。」


 と西原さんは語ってくださいました。


 第2の人生の、限りないチャレンジと可能性に満ち溢れるご夫婦が、素敵です。




じゅんかん育ち」とは

 「じゅんかん育ち」とは、下水道資源を「じゅんかん発酵肥料」に加工し、それで育てた農作物のブランド名です。国土交通省では、下水道資源を農作物の栽培等に活用する取組です。  西原さんは、佐賀県下水道課長時代に佐賀市の下水汚泥を利活用する農業勉強会に参加、そしてビストロ下水道「じゅんかん育ちin佐賀」に参画されていました。


 「BISTRO下水道」の一環として、「じゅんかん育ち」を浸透させ農業における生産性の向上を促進しています。地元佐賀市でも、「バイオマス産業都市さが」を推進しており、地域資源の活用で「昔に帰る未来型」をキーワードに「じゅんかん育ちin佐賀」のブランド浸透を図っているのです。

 

 佐賀の新農業を、長年かけて拓いて来られたのですね。



奇跡のショウガと言われる理由


 江戸時代に本格化した有明海干潟によって広がるミネラル豊富な干拓低平地の米麦畑を一気に転作して、畑作りをスタートしました。


 本来、「干拓地で生姜は育たない」常識をも翻すのが、奇跡のショウガ「Sága Ginger」みなさんの健康と癒しにきっとお役に立てるはずです。


胃腸の消化、吸収を高めて、さらに生姜の香りは食欲も増進させてくれる効果もあるので、「夏バテで食が進まない」なんてときに、ぜひ取り入れてみてください!




 奇跡のショウガ「Sága Ginger」オニオンソースの発送は、9月頃から順次開始される予定ですが、今のところ通常販売は行わず【事前登録者】限定で販売する予定だそうです。



 事前登録はWEBから【名前とメールアドレスを登録】するだけで簡単にできますが、数に限りがあるため、注文状況を見ながら、登録者に購入案内をメールで随時お知らせするそうです。


参加チャンスを逃さないよう、早めに登録をおすすめします。


実際に応援購入するかどうかは、案内があってから決めることができるため、今のうちに登録だけでも損はないですよ。




▼事前予約登録はこちら▼


奇跡のショウガ「Sága Ginger」 事前予約登録フォーム


https://resast.jp/subscribe/ZTkzMmY1NGYwZ




◆◇_______________________________ <執筆・コンサル担当> クラファン総研株式会社 取締役  野口 みき   クラウドファンディングコンサルタント®・中小企業アドバイザー(中小機構) 名刺:https://bit.ly/3ozBjdz   プロフィール https://bit.ly/3lQaZKn 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目15-9 MINOWA表参道3F125 HP: http://www.crafun.info __________________________________◆◇