自然の美から、唯一の美を創る宝寿窯 cera wood(陶木の皿)「器の魔術師」武雄焼アーティスト・山本文雅が食卓に魔法をかけます





佐賀県武雄市黒髪山の麓。


ここは都会の喧騒を忘れ去るほど自然が溢れ、心が落ち着き、本来の自分に戻れる場所。




 その山里に、特別な制作方法とこだわりの技法で生産している、創業50年の武雄焼の窯元「宝寿窯」がある。窯主は、先鋭陶芸家・山本文雅氏。



あなた食卓に、新たな癒しと出会いの空間を演出する"cera wood(陶木の皿) "


この度、日頃応援してくださる常連様や新しいお客様との出会いを期待して、流木から生まれる"cera wood(陶木の皿) "にセットプランを設け、あなたの食卓で更なるオンリーワンを感じていただきたいと思いから、プロジェクトを立ち上げられることになった。




 近隣の浜辺をまわり、世界の海を漂流した「流木」を、見極め集める山本文雅氏。



 そして、流木の表面を陶土で型取ることで、"cera wood(陶木の皿) "自然な流木の味わいを表現しています。



 もちろん、陶器製なので、料理によるシミや汚れも付かず食洗機の使用も可能です。自然な木の風合いは、和食でも洋食にでもマッチします。





 山本文雅氏のInstagram投稿は、世界の著名人も着目しており、この写真を投稿した際には、初土俵以来25場所目でモンゴル人初の横綱に昇進した大横綱・朝青龍から、「流木シリーズに素晴らしい、是非欲しい」とコンタクトがあるほど。





品質と信頼性を追求する武雄焼・陶器の老舗佐賀県生まれ


武雄焼の『武雄』とは

有田、伊万里の隣にあって

佐賀県では有名な焼き物の産地である。

焼き物のスタイルとしては

元々は唐津焼の流れを汲んでいる。

唐津焼と有田焼が混在しているのが武雄焼の魅力もある。




自然界の偶然の美を表現した器。


 宝寿窯の焼き物は、他にはないオリジナィティを目指しているそうだ。みんながやってないこと。お客様から「こんな焼物があるんですか」「こんなの見たことないです」という焼き物。

 こだわっているのは、自然界に存在する模様。人間が考えてデザインするような、作為的なものじゃなくて、自然のデザインを、いかに器に表現するかというのを意識して創っていいるという。




 そして、あなたの手によって、お気に入りの食材が料理へと変わっていくときの、香り、熱気、音。


 自然界の流木のようなお皿に盛り付けると、目の前には、絵画のように美しく彩られた食事が広がる。


 "cera wood(陶木の皿) "と共に、ご自宅で、一皿が出来上がるまでの臨場感を味わえること間違いなし。


 落ち着いた雰囲気のしっとりとした大人空間でも、ご家族・ご友人・大切なお客様とのスペシャルな空間でも、間違いなく、五感を刺激することでしょう。



なぜそのプロジェクトを行うのか


 毎年4月29日~5月5日に開催され、佐賀県有田町内一円にわたって店舗が並ひ全国から約100万人が訪れる有田陶器市が、コロナの影響で2年連続で中止になっている。


 また、県内外からの人手が見込まれていた11月3日〜7日に開催予定の「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」…国際大会の中止が決定され、そして、この夏に開催予定だった「佐賀城下栄の国祭り」50回記念大会も中止になり、残念ながら、訪問客への販売の目処が立たない状況。

 

 このような状況から、コロナ前に比べ、武雄焼の窯元は、収益面でかなりの影響を受けているのはもちろんだが、全国の出かけたいけれもど出かけられない方々の、食事と癒しのお手伝いがしたいという。






「器の魔術師」武雄焼アーティスト・山本文雅


コンセプトは、「創りたいものを 創りたいときに 創りたいように創る」


 武雄焼の素晴らしさを伝え続け、権威ある国際芸術ニューヨーク展国際芸術大賞を受賞。芸術の宝庫ニューヨークをはじめ世界のギャラリーが注目する新鋭アーティスト。


 自然の美から、唯一の美を創り続けている山本文雅氏が、全国の食卓に魔法をかけます。


 食材との出会いも楽しんでいただけるよう、季節と畑に合わせて、あなたが創るその日限りのスペシャルなコースを"cera wood(陶木の皿) "と共にお楽しみください。



宝寿窯 cera wood(陶木の皿) の発送は、9月頃から順次開始される予定ですが、今のところ通常販売は行わず【事前登録者】限定で販売する予定だそうです。



 事前登録はWEBから【名前とメールアドレスを登録】するだけで簡単にできますが、数に限りがあるため、注文状況を見ながら、登録者に購入案内をメールで随時お知らせするそうです。


参加チャンスを逃さないよう、早めに登録をおすすめします。


実際に応援購入するかどうかは、案内があってから決めることができるため、今のうちに登録だけでも損はないですよ。




▼事前予約登録はこちら▼


宝寿窯 cera wood(陶木の皿) 事前予約登録フォーム

https://resast.jp/subscribe/OTkyZTcwNmFkZ





◆◇_______________________________

<執筆・コンサル担当>

クラファン総研株式会社 取締役  野口 みき  

クラウドファンディングコンサルタント®・中小企業アドバイザー(中小機構)

名刺:https://bit.ly/3ozBjdz   プロフィール https://bit.ly/3lQaZKn

〒107-0062 東京都港区南青山3丁目15-9 MINOWA表参道3F125

HP: http://www.crafun.info

__________________________________◆◇